top of page

組み込みシステム開発ソリューション

ハードとソフトのトータルソリューション

~ 設計・開発・部品調達・製造・量産・保守までトータルにサポート ~

杉岡システムは、ARM, Zynq, FPGAアーキテクチャを基盤とした組み込みLinux開発を専門とする、組み込みシステムの受託開発製造会社(ODM/OEM)です。

ファクトリーオートメーション(FA)、教育、スポーツ、鉄道、セキュリティ、美容といった幅広い業界を対象に、ハードウェアとソフトウェアの一体開発・製造ソリューションをご提供いたします。

組み込みLinuxプラットフォーム上でのアプリケーション開発からシステムレベルでの最適化に至るまで、設計・開発・部品調達・製造・保守サービスをワンストップでトータルにサポートいたします。

ハードウェアとソフトウェアの両方に精通した技術者が、設計・開発から製造・保守まで一貫して担当することで、お客様のご要望に迅速かつ柔軟に対応いたします。

ハードとソフトに
​精通した技術者が開発

ハードとソフトを

同時並行で設計・開発する

​協調アジャイル開発手法採用した

システム開発により、

開発の効率化・省コスト化を

 実現します。

杉岡システム

選ばれる理由

国内生産への
こだわり

開発から製造まで

国内で生産することにより、

安定した生産性と

洗練された

技術・品質・サービスを

 ご提供いたします。

一人の技術者が
最後まで徹底サポート

設計・開発から製造・保守まで

​プロジェクト全体を

一人の技術者が担当することで、
安定した開発技術とサービスを
ご提供いたします。

アフターサービス
の充実

改造・改修・修理の

徹底サポート。

長年培ってきたノウハウを活かして
あらゆるニーズに柔軟に

お応えいたします。

開発分野

プリント基板(PCB)

ハードウェア設計・開発(回路/基板/筐体)

ARM系CPU搭載のCoM/SoMを用いた開発により、最終製品に向けて信頼性とコスト対効果を兼ね備えた組み込みコンピューティングプラットフォームを実現します。

  • 電子回路設計

    • 高級ハードウェア記述言語の使用:高級ハードウェア記述言語(HDL)を利用することで、複雑な電子回路の設計と検証を効率化し、開発コストを削減します。

    • 高性能回路設計:高性能な電子回路の設計により、高速動作、低消費電力、小型化などの幅広い設計要求に対応します。

  • ロジック回路設計

    • アナログ回路設計とデジタル回路設計:両方の技術領域にわたるロジック回路の設計により、センサー信号の処理、電源管理、データ処理、通信機能など、様々な機能と性能を実現します。​

  • 組み込み向けボード設計

    • プリント基板設計:ARM, Zynq, FPGAなどの各種デバイスを搭載した組み込み向けボードの設計。

    • カスタムユニット基板設計:特定のアプリケーションや要求に合わせてカスタマイズされた基板設計。ARM, Zynq, FPGA等の各種デバイスを搭載。​

    • CADを用いた基板設計:プリント基板上に電子部品を配置し、部品を電気的に接続するためのトレース(配線)の設計にCADツールを用いることで、電子回路の正確な物理的レイアウトを作成し、信号の安全性や電源の配布、ノイズの最小化などの要素を最適化します。

  • 筐体設計

    • 3Dモデリング:筐体の形状やサイズを設計し、製品の外観や使いやすさを評価します。

    • 耐久性の検証:機械的なストレスや衝撃に対する筐体の耐性を評価します。

    • 熱管理:筐体設計が内部の熱を効果的に管理し、過熱を防ぐことができるかを検証します。

  • ユニット設計

    • 3Dモデリング:複数の基板や部品、筐体を含むユニット全体の3Dモデルを作成し、実際の製品に近い形で設計を可視化します。

    • 構造解析:CADソフトウェアのシミュレーション機能を用いて、機械的ストレスや振動などの影響を分析し、製品の構造的な耐久性を評価します。

    • 熱管理:電子部品から発生する熱の流れや分散をシミュレートし、適切な冷却策を設計します。

    • 部品の配置と組立の可視化:部品やサブシステムの最適な配置を決定し、組み立てプロセスを事前に検討します。

    • 筐体と基板の相互作用の確認:筐体設計が基板やその他の電子部品と機械的にも熱的にも適切に統合されているかを確認します。

ICチップ搭載基板

ソフトウェア設計・開発(組み込み系/制御系)

​組み込み系/制御系ソフトウェアを開発し、設計したハードウェアに実装することで、ハードウェアとソフトウェアをトータルにサポートした製品開発サービスをご提供いたします。

  • 画像処理システム

    • ​産業用画像処理システム

    • 産業用映像遅延再生システム

    • 産業用物体検出システム
       

  • 制御システム

    • ​産業用制御システム

    • 産業用サーボシステムコントローラ

    • 汎用コントローラ

    • ​業務用超音波イオン導入システム
       

  • ​IoTシステム

    • セキュリティ関連機器

    • 入退室管理システム

TradexモジュールとXilinx社製デバイスの組み合わせによる高機能・低コストな組み込みシステム開発

Xilinx製FPGAおよびZynq, CPLDを使用し、Tradex製のCoMまたはSoMに搭載することで、高機能かつ低コストな組み込みシステム開発を実現します。

​仮想ハードウエア上にソフトウェアを実装して設計

ソフトウェアの設計は、仮想ハードウェア上にソフトウェアを実装して行います。

物理的なハードウェアがない状況でも、ソフトウェアのデバッグ作業が行えるため、バグの早期発見・修正および効率的なプログラムの改良・検証が可能となります。

タブレット

アプリケーション設計・開発(Web/Android)

​設計したユニットと連動させ、システム全体を制御・管理・操作できるWebおよびAndroidアプリケーションの設計・開発サービスをご提供いたします。​

  • Webアプリケーション
    ブラウザから各種システムの制御・管理・操作が可能なアプリケーションの設計・開発ソリューション
    直感的で使いやすいUI/UXデザイン、レスポンシブなフロントエンド開発、バックエンドシステムとのシームレスな統合により、ユーザーに快適なウェブ体験をご提供いたします。
     

  • Androidアプリケーション​
    Andoroidモバイルデバイスから各種システムの制御・管理・操作が可能なアプリケーションの設計・開発ソリューション。
    モバイルデバイスに最適化されたUI/UXデザイン、タッチジェスチャーなどのインタラクションデザインにより、ユーザーに最適なモバイル体験をご提供いたします。

開発環境

ノートパソコンのキーボード

FPGA開発プラットフォーム

  • マイクロプロセッサ搭載のハードウェア​​​

    • ARMプラットフォーム

    • ​SHプラットフォーム
       

  • ​​​FPGA開発ツール

    • Xilinx製Zynq, FGPA, CPLDを主に使用

ARM系CPU搭載のCoM/SoMを用いた開発

ARM系CPU搭載のCoM(Computer on Module)およびSoM(System on Module)を用いた開発により、信頼性とコスト対効果を両立させた組み込みコンピューティングプラットフォームを実現します。

Tradexモジュールによるトータルソリューション

モジュールにTradexを使用することで、ARM, ARM-Linuxを搭載したシステムをトータルにご提供いたします。

ARMを採用した製品には、ARMの移植及び開発環境(ツールキット)をご提供いたします。

TradexモジュールとXilinx社製デバイスの組み合わせによる高機能・低コストな組み込みシステム開発

Xilinx製FPGAおよびZynq, CPLDを使用し、Tradex製のCoMまたはSoMに搭載することで、高機能かつ低コストな組み込みシステムの開発を実現します。

オペレーティングシステム(OS)

  • Linux

  • Android

  • ITRON

CPU

  • ARM​

  • X86

開発言語

  • C

  • C++

  • JavaScript

  • PHP

  • Swift

  • ​Python

​開発実績

自動充填キャッパーライン工場

画像処理システム(ハード・ソフト)

  • 映像遅延再生装置
    映像遅延再生システム(他チャンネルで録画した映像の遅延再生機能)を搭載した自動リプレイ装置。ゴルフ施設や学校教育機関(体育の授業・部活動)におけるスポーツトレーニング、競艇・競馬のレース判定、医療・研究施設等に導入。
     

  • スキップバックレコーダ
    映像遅延再生システム(他チャンネルで録画した映像の遅延再生・録画機能等)を搭載したスキップバックレコーダ。
     

  • HD-SDIレコーダ・サーバ
     

  • 自動充填キャッパー用物体検出システム
    FA向け産業用画像処理/検査システム。
    製造ライン工場機械のキャップ締め等に導入。
    X64ベースのPCと産業用カメラを使用し、自社開発画像処理ソフトウェアによって実現。​

制御システム(ハード・ソフト)

  • ​入退室管理用システムコントローラ
    セキュリティ関連機器。入退室管理システムコントローラ。
     

  • FA向けモーションコントローラ
    ​ARMベースのSBCを使用し、光ファイバーまたはイーサネットで接続されたサーボシステムの制御を行うためのコントローラ。
     

  • ​​汎用コントローラ
    ​Xilinx製SiCベースのSBCを使用した汎用コントローラ。
    イーサネット, USB, 多数のシリアルインターフェースおよびディスプレイインターフェースを搭載。
     

  • 業務用超音波イオン導入装置
    業務用超音波イオン導入システム(イオントフォレーシス)を搭載した​業務用美顔器。

その他

  • デジタル技術を用いた各種製品の企画・設計・開発

  • その他CPU・FPGA・デジタル応用機器全般の設計・開発・製造

  • 各種サーバ構築・運用(Ubuntu, ARM-Linux)

  • ネットワークシステム設計

dev-achievements
dev-environment

開発のご依頼・ご相談はこちら

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら(24時間受付 / 営業時間外の場合、翌営業日以降に対応)

​電話でのお問い合わせ

072-853-3553(平日10:00~17:30 / 土日祝休み)

メールでのお問い合わせ

support@sugiokasystem.co.jp(24時間受付 / 営業時間外の場合、翌営業日以降に対応)

よくあるご質問

よくあるご質問はこちら

当社の強み
~開発へのこだわり~

ICチップ搭載基板

ハードとソフトのトータルソリューション

当社は組み込みLinux開発を得意とする産業用電子機器の受託開発・製造会社です。

ハードウェアとソフトウェアの両面からのアプローチによる「協調アジャイル型開発手法」を採用することで、ハードウェアとソフトウェアの一体開発・製造サービス(ODM/OEM)をトータルにご提供いたします。

​また、ハードウェアとソフトウェアの両方に精通した技術者が開発にあたることで、開発プロセスにおける不具合や仕様変更に迅速かつ柔軟に対応いたします。

設計から開発までの受託開発の流れ

開発のワンストップソリューション

​メモ書きのようなざっくりとしたアイデアからの製品化依頼も承っております。

仕様書の作成・設計・開発から​部品調達・製造・量産・保守(改造・改修・修理)までのサービスをワンストップでトータルにご提供いたします。

これにより、システムトラブルへの対応や製品改良などのシステム運用時における煩雑なプロセスの削減と、安定した品質でコストを抑えた製品の開発・製造サービスの提供を実現いたします。

電子回路

ARM搭載の組み込みLinux開発が得意

組み込みLinuxとARMプロセッサを組み合わせることにより、低消費電力かつ低コストで汎用性の高い製品開発を実現いたします。

また、ARM系だけでなく、ZYNQおよびFPGAを搭載した組み込み向けボードの開発にも対応しております。

Xilinx製ZYNQ, FPGA, CPLDを使用してFPGAをプログラミングし、Tradex製のCoMまたはSoMに搭載することで、高機能かつ低コストな組み込みシステム開発を実現いたします。

握手

小ロット対応・国内生産による確かな品質

開発から実装・加工・組立・検査まで国内で生産する体制を取ることで、安定した生産性と洗練された技術・品質・サービスをご提供いたします。

海外生産では難しい小ロット生産にも対応しており、様々な顧客ニーズにお応えいたします。

ハードウェア技術者

設計・開発から製造・保守まで一人の技術者が担当

ハードウェアとソフトウェアの両方に精通した技術者が、設計・開発から製造・保守までサポートいたします。

また、一人の技術者がプロジェクト全体を担当することで、技術や知識のブレを防ぎ、安定した開発技術とサービスをご提供するとともに、お客様のご要望に対する素早いレスポンスをお約束いたします。

30年以上に渡って培ってきた知識と経験を活かし、あらゆるニーズにお応えいたします。

コンピュータの修理

開発・改良・修理の徹底サポート

設計開発からリリース後の改造・改修・修理まで徹底してサポートいたします。

製品が量産された後も、お客様のニーズに合わせて改良を重ねてまいります。

ロット数の調整や量産スケジュールの変更など、生産に関するご要望にも、可能な限り柔軟に対応いたします。

疑問点、問題点、改善点などございましたら、いつでもお気軽にお申し付けください。

アフターサポートの充実

よくあるご質問

  • 開発を依頼したい。
    各種お問い合わせフォームよりお問い合わせください。 製品の仕様や目的、ご希望の納期などについてヒアリングさせていただきます。
  • 開発依頼は初めてなのですが大丈夫ですか?
    はい。 これまで製品開発に携わったことのないお客様に対しては、 仕様書の提示や、製品目的をご指定いただいただけでも、ご要望にそった製品内容やお見積りなどをご提示させていただきます。 まずはご相談だけでも、お気軽にお問い合わせください。 > 開発のご相談・ご依頼・お見積りはこちら
  • 小ロットには対応していますか?ロットはいくつから対応してもらえますか?
    小ロットから大ロットまで幅広く対応しております。 詳しくはお問い合わせください。
  • 開発費用はどのくらいかかりますか?
    開発費用に関しましては、最低 400万円~ 開発のご依頼を承っております。 具体的費用に関しましては、ご依頼いただく製品仕様や数量によって様々です。 お打ち合わせにてお伺いした内容(ご予算やロット数、スケジュール等)のご希望に沿ってお見積書を作成致します。
  • 協調設計とは何ですか?
    協調設計とは、ハードウェア・ソフトウェア協調設計方式(HW/SW Co-Design方式)のことを指します。 当方式の目的は、システムを設計する際に要求を満たす機能や性能などをハードウェアとソフトウェアに分担させ、双方の設計を連携させながら同時並行的に進めることにあります。 ハードウェアとソフトウェア双方の構造や機能をシミュレーションしながら機能のリリースやデバッグを細かく繰り返すことで、エラーやバグの早期発見と迅速な対応・解決を可能とします。 詳細は「会社案内・サービス案内資料」ページ内掲載資料「システム開発手法のご紹介」をご覧ください。
  • アジャイル型開発とは何ですか?
    アジャイル型開発は、ハードウェア・ソフトウェア協調設計方式(HW/SW Co-Design方式)の一部として組み込まれることが多い開発手法です。 アジャイル開発型は、システム開発時に仮想ハードウェアを構築することで、ハードウェアとソフトウェアの協調シミュレーションを行う手法を取ります。 このように仮想ハードウェアを用いることで、ハードウェアとソフトウェア双方の連携シミュレーションを仮想上で行いながら、ソフトウェアの設計・開発(機能のリリース)が可能となるため、「設計の効率化」「コスト削減」という面においても欠かせない手法となります。 杉岡システムでは、ハードウェアとソフトウェアの協調設計にアジャイル型開発手法を組み込んだ「協調アジャイル型開発手法」を採用することで、お客様のニーズに柔軟に対応した開発サービスをご提供いたします。 協調アジャイル型開発の詳細は「会社案内・サービス案内資料」ページ内掲載資料「システム開発手法のご紹介」をご覧ください。
  • 【販売価格】学校で使いたいのですが、値引きはありますか?
    アカデミック割引がございます。 詳しくはお問い合わせください。 > 製品のお見積り・ご購入はこちら
  • 【販売価格】アカデミック価格と通常価格の違いは何ですか?
    ご購入いただける対象者が異なるだけで機能の違いはございません。 アカデミック価格は、学生・教職員の方を対象にお求めやすい価格にて提供しております。 詳しくはお問い合わせください。 > 製品のお見積り・ご購入はこちら
  • 【使用方法・機能】推奨カメラは何ですか?
    各製品の入力仕様に合ったホームビデオカメラを使用してください。 カコロクシリーズ製品は、Panasonic、JVCなどの日本有名メーカーのホームビデオカメラでの使用を推奨しています。 スチールカメラ(still camera)や、海外メーカーの安価なカメラを使用した場合、正常に動作しないことがありますのでご注意ください。 当社で動作確認済みのカメラは以下の3機種です。(VM-800HD-Light, VM-800HD) 1. Panasonic HC-V550M 2. Panasonic HC-V360MS 3. JVC GZ-R480-W ご使用環境でカコロクシリーズが動作するか確認したい方に向けて、製品無料貸出サービスも行っています。 貸出をご希望の方は、以下よりお問い合わせください。 ■デモ機貸出のお申し込みはこちら TEL 072-853-3553(平日10:00~17:30受付) MAIL support@sugiokasystem.co.jp 製品無料貸出お申し込みフォーム
  • 【使用方法・機能】音声入力/音声出力には対応していますか?
    映像遅延装置・遅延メモリ「カコロク」シリーズは、映像(画像)の遅延再生システム搭載装置です。 音声入力および音声出力には対応していません。
  • 【使用方法・機能】カコロクを2台、3台と複数台接続し、遅延時間を2倍、3倍にできますか?
    物理的には、複数台繋げることは可能です。 ただし、160秒以上の遅延設定でのご利用を想定した場合、複数台繋げるとビデオ信号が劣化し画質が低下する恐れがあるため、実用的な面では推奨致しません。
  • 【使用方法・機能】モニター画面右上の動作モード(録画・遅延・再生など)を非表示に変更できますか?
    はい、可能です。 カコロクシリーズでは、以下の方法で動作モードの表示を制御できます。 【カコロクシリーズ共通】 機能:一時的に動作モードを非表示に設定 操作方法:リモコンの「表示」ボタンを押すことで、動作モードの表示をON/OFF切り替えることができます。 【VM-800HD-Light搭載機能】 機能:製品起動時の動作モード表示をOFFに設定 設定方法:設定メニューの「初期表示」をOFFにすることで、製品起動時の動作モードの表示をOFFに設定できます。 制限事項:「初期表示」設定は、録画モード以外の動作モードの表示のみOFFに設定できます。録画モードは「初期表示」をOFFにしても表示されますのでご注意ください。
  • 【使用トラブル】モニターとカメラに問題は無いのに、カコロクを経由すると映像が表示されない。
    1.カメラの解像度やフレームレートの設定をご確認ください。 カメラの設定と、カコロクの規格が合っていない可能性があります。 カメラの解像度やフレームレートの設定が、カコロク本体の仕様と異なっていないかご確認ください。 もし異なっていた場合は、カメラの設定を変更した後、再度カコロクに接続し、動作をご確認ください。 2.カメラの種類をご確認ください。 カコロクは、ホームビデオカメラでの使用を推奨しています。 スチールカメラ(still camera)を使用すると、正常に動作しないことがあります。 お手持ちにホームビデオカメラがある場合は、そちらで再度動作をご確認ください 3.カメラのメーカーをご確認ください。 カコロクは、Panasonic、JVCなどの日本有名メーカーのカメラでの使用を推奨しています。 海外メーカーの安価なカメラを使用すると、正常に動作しないことがあります。 お手持ちに日本有名メーカーのカメラがある場合は、そちらで再度動作をご確認ください。 上記3点をお試しいただいても問題が解決しない場合は、お手数ですが当社までお問い合わせください。 ■製品に関するご質問・ご相談はこちら TEL: 072-853-3553 Mail: support@sugiokasystem.co.jp 各種お問い合わせフォーム ■製品に関するご質問・ご相談はこちら TEL: 072-853-3553 Mail: support@sugiokasystem.co.jp 各種お問い合わせフォーム
  • 【使用トラブル】遅延時間の設定を変更すると映像が乱れる。
    VM-800Aでは最大80秒の遅延時間に対応するため、内蔵メモリに映像データを書き込む際、遅延時間と再生時間(巻戻時間)の合計が0~40秒の場合は毎秒60コマ、41~80秒の場合は毎秒30コマというように内部処理を変えて書き込みを行っています。 そのため、遅延時間や巻戻時間の設定値を変更するなど、内部処理を変えるような変更を行った場合は、映像が一時的に乱れる場合があります。(設定時間の経過後は乱れません) 遅延時間や巻戻時間を変更した場合は、設定した時間が経過するまで待ってから使用してください。 ※VM-800HD-Light、VM-800HD、VM-810も同様です。
  • 【使用トラブル】映像が飛んで表示される。
    カコロクシリーズ共通: 最大遅延時間に対応するために、内蔵メモリに映像データを書き込む際、内部処理を変えて書き込みをむ仕様となっているため、遅延時間および巻戻時間の設定を変更した直後は一時的に映像が乱れる場合があります。 遅延時間、巻戻時間を変更した場合は、設定した時間が経過するまで待ってから使用してください。 VM-800HD-Light: 同時録画再生をOFFに設定すると、「再生」「スロー」「静止」から「遅延」モードに切り替えた際、一時的に映像が乱れる場合があります。 以下の対処法をお試しください。 ・同時録画再生をONにする。 ・同時録画再生をOFFの状態で使用する場合は、動作モードを切り替えた後、設定した遅延時間が経過するのを待ってから使用する。
  • 【使用トラブル】映像がチカチカと点滅したようになる。
    映像入力端子にビデオ信号が入力されていない場合(カメラのオートパワーオフが機能し、入力信号が途絶えた場合など)に発生します。ご使用時は常時ビデオ信号を入力してください。
  • 【使用トラブル】屋外で使用すると動かなくなる。
    赤外線リモコンを使用しているので、強い日差しの下ではリモコンからの信号を正常に認識できない場合があります。 屋外で使用する場合は、日陰などの日差しの弱い場所にカコロクを設置してご使用ください。
  • 【使用方法・機能】製品はRoHS対応ですか?
    はい、一部の製品を除いてRoHS 対応で製造しております。 詳しくはお問い合わせください。 >各種お問い合わせフォーム
  • 【使用方法・機能】映像遅延装置と遅延メモリ(PCB)の違いは何ですか?
    映像遅延メモリ(PCB)は、映像遅延装置カコロクから筐体を除いた、基板単体の開発者向け商品です。ハードウェア組み込み用としてご活用いただけます。 各製品ごとの詳細な違いは以下の通りです。 VM-800HD-LightとVM-800HD-PCBの違い VM-800HD-Light 筐体:あり 基板構成:メイン基板 x1 付属品: ACアダプタ x1 赤外線リモコンVR-01L x1 リモコン用単4型乾電池 x2 録画スイッチ x1 録画スイッチ接続ケーブル x1 取扱説明書 x1 保証書 x1   VM-800HD-Light-PCB 筐体:なし 基板構成:メイン基板 x1 付属品:取扱説明書 x1 VM-800HDとVM-800HD-PCBの違い VM-800HD 筐体:あり 基板構成: メイン基板 x1 電源基板 x1 付属品: ACアダプタ x1 赤外線リモコンVR-01 x1 リモコン用単4型乾電池 x2 デジタル入力用コネクタ x1 取扱説明書 x1 保証書 x1 VM-800HD-PCB 筐体:なし 基板構成:メイン基板 x1 付属品: 電源入力用ケーブル x1 デジタル入力用ケーブル x1 取扱説明書 x1 ※VM-800HD-PCBには、電源基板は付属しておりません。ご所望の方は当社までお問い合わせください。 VM-800A / VM-810 とVM-800A-PCB / VM-810-PCBの違い VM-800A / VM-810 筐体:あり 基板構成: メイン基板 x1 電源基板 x1 付属品: ACアダプタ x1 赤外線リモコンVR-01 x1 リモコン用単4型乾電池 x2 ビデオピンコード 2m x2 延長コネクタ x1 デジタル入力用コネクタ x1 取扱説明書 x1 保証書 x1 VM-800A-PCB / VM-810-PCB 筐体:なし 基板構成:メイン基板 x1 付属品: 電源入力用ケーブル x1 デジタル入力用ケーブル x1 取扱説明書 x1 ※VM-800A-PCBおよびVM-810-PCBには、電源基板は付属しておりません。ご所望の方は当社までお問い合わせください。
  • 【使用方法・機能】VM-800HD-Lightの「遅延モード」と「録画モード」の違いは何ですか?
    【遅延モード】 操作方法:リモコンを使用。 機能:遅延映像の録画・表示。 録画時間:巻戻時間の設定値が、録画時間となります。録画時間を変更するには、設定メニューから巻戻時間を設定する必要があります。 特徴:再生、スロー再生、静止、コマ送りなどの操作が可能なため、映像の詳細な確認・分析に適しています。 【録画モード】 操作方法:録画スイッチを使用 機能:遅延映像またはライブ映像の録画・表示。 録画時間:巻戻時間の設定値の範囲内であれば、任意の長さを録画できます。録画時間が巻戻時間を超えた場合は、古い映像は上書きされます。録画可能時間を変更する場合は、設定メニューから巻戻時間を設定する必要があります。 特徴:録画から再生までの操作がワンクリックで済むので、「録画」=>「再生」の切り替えがスムーズに行えます。
  • 【使用方法・機能】VM-800HD-LightとVM-800Aの違いは何ですか?
    解像度と入出力が大きく違う点です。 詳細は以下の通りです。 解像度 VM-800HD-Light フルHD(1920 x 1080) VM-800A SD(720 x 480) 入力 VM-800HD-Light HDMI x 1(HDCP非対応) VM-800A  NTSCコンポジットビデオ x1 出力 VM-800HD-Light HDMI x 1 VM-800A NTSCコンポジットビデオ x1 遅延・巻戻時間 VM-800HD-Light 最大160秒 VM-800A 最大80秒 本体サイズ VM-800HD-Light 82(幅) x 24(高) x 94(奥行き) mm VM-800A 184(幅) x 30(高) x 93(奥行き) mm 本体重量 VM-800HD-Light 160g VM-800A 480g
  • 【使用方法・機能】VM-810とVM-800Aの違いは何ですか?
    VM-810とVM-800Aの違いは「映像の最大遅延(巻戻)時間の長さ」のみです。 VM-810は遅延時間が最大160秒なのに対し、VM-800Aは遅延時間が最大80秒となっております。 VM-810とVM-800Aは映像の最大遅延(巻戻)時間以外の基本性能は全く同じです。
  • 【使用方法・機能】VM-800A、VM-810の映像をパソコンのディスプレイに映すことは可能ですか?
    基本的に映像出力はコンポジットビデオ信号(VM-800A-PCBはSビデオ出力も可)の為、アナログRGB信号を使用するパソコンのディスプレイにはそのままでは映せません。 ※映す場合は別途RGBコンバータ、ビデオキャプチャカード等の機材が必要になります。
  • 製品の無料貸出はしてますか?
    カコロクVM-800HD、VM-800HD-Light の無料貸出を実施してます。 お気軽にお申し付けください。 ※カコロクVM-810、VM-800Aの無料貸出サービスは終了しました。ご了承ください。(2020/4/7) > 無料貸出サービスの詳細およびお申し込みはこちら
  • 貸出製品(デモ機)には、保証書は付いていないのですか?
    はい。貸出製品には保証書は付いておりません。
  • 貸出期間はどれくらいですか?
    原則2~3週間です。 貸出期間の延長にも対応しておりますので、ご希望の方はご相談ください。
  • 貸出期間の延長はできますか?
    はい、貸出期間の延長にも対応しております。 貸出期間の延長をご希望の方は、メール・電話・各種お問合せフォームのいずれかよりお問い合わせください。 次のお客様が予約されている等、延長のご希望に沿えない場合もございますのでご了承ください。 ​ メールでお問い合わせいただく場合 support@sugiokasystem.co.jp(営業時間外の場合は翌営業日に対応) 以下の内容をメール内容本文にご記入の上、お問い合わせください。 ・取引ID もしくは 納品書番号 ・貸出利用中の製品名 ・ご希望の延長期間 電話でお問い合わせいただく場合 072-853-3553(平日 10:00-17:30) お電話の際に、「貸出製品の貸出期間延長の件」とお伝えください。 WEBからお問い合わせいただく場合 各種お問い合わせフォームよりお手続きいただけます。 その際、フォームの「お問い合わせ内容」記入欄に下記2点をご記入ください。 ・貸出利用中の製品名 ・ご希望の延長期間
  • 貸出期間の延長手続きはどのようにすればいいですか?
    貸出期間の延長をご希望の方は、メール・電話・各種お問い合わせフォームのいずれかよりお問い合わせください。 次のお客様が予約されている等、延長のご希望に沿えない場合もございますのでご了承ください。 ​ メールでお問い合わせいただく場合 support@sugiokasystem.co.jp(営業時間外の場合は翌営業日に対応) 以下の内容をメール内容本文にご記入の上、お問い合わせください。 ・お名前 ・ご住所 ・会社名(法人の方のみ) ・貸出サービスをご利用中の製品名 ・ご希望の延長期間 電話でお問い合わせいただく場合 072-853-3553(平日 10:00-17:30) お電話の際に、「貸出製品の貸出期間延長の件」とお伝えください。 WEBからお問い合わせいただく場合 各種お問い合わせフォームよりお手続きいただけます。 その際、フォームの「お問い合わせ内容」記入欄に下記2点をご記入ください。 ・貸出利用中の製品名 ・ご希望の延長期間
  • 返送先住所を教えてください。
    ご返送の際は下記住所までご送付ください。 ※ご返送時の配送料はお客様ご負担にてお願いいたします。 〒573-0046 大阪府枚方市宮之下町8-2 ABCセンター西棟3F 杉岡システム株式会社
  • 返送方法に指定はありますか?
    宅配便でのご返送をお願いいたします。 配送業者に指定はありません。 貸出製品配送時のダンボールに本体および付属品を梱包の上、宅配便(佐川急便、ヤマト運輸、ゆうパックなど)などを使用し、当社までご返送ください。 なお、貸出製品ご返却時の送料はお客様ご負担(元払い)にてお願いいたします。
  • 付属品を返却し忘れていました。
    付属品を返却し忘れてしまった場合は、お手数ですが、当社までご連絡ください。 返送方法など、改めてご案内いたします。 TEL: 072-853-3553(平日 10:00-17:30) MAIL: support@sugiokasystem.co.jp(土日祝の場合は翌営業日に対応)
  • メールが届かない。
    docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、 お客様が迷惑メール対策などでドメイン指定受信を設定されている場合に、メー ルが正しく届かないことがございます。 以下のドメインを受信できるよう設定をお願いいたします。 @sugiokasystem.co.jp @crm.wix.com @moneyforward.com ※ご利用のメールサービスの迷惑メールフォルダにメールが入っていないかご確認ください。 ※入力されたメールアドレスに誤りがあるとメールが届きません。確認メールが届かない場合は、再度お問い合わせフォーム画面よりお手続きください。
  • 適格請求書等保存方式(インボイス制度)は対応していますか?
    はい。杉岡システム株式会社(杉岡システム公式オンラインショップ)は課税事業者として登録しております。 適格請求書発行事業者登録番号:T3-1200-0115-4350 登録内容につきましては、下記リンク先の「国税庁 適格請求書発行事業者公表サイト」からもご確認いただけます。 https://www.invoice-kohyo.nta.go.jp/regno-search/detail?selRegNo=3120001154350
  • オンラインショップ(ネット通販)はありますか?
    はい。弊社公式オンラインショップからご購入いただけます。 2019年1月よりAmazonでの販売も開始致しました。 一部製品はAmazonからもご購入可能となっております。 > 公式オンラインショップでのご購入はこちら > Amazonでのご購入はこちら【VM-800HD-Light】

受託開発のご依頼・ご相談

24時間受付中

​営業時間外の場合、翌営業日以降対応

​TEL 072-853-3553
平日 10:00 - 17:30

​FAX 072-853-3577
平日 10:00 - 17:30

bottom of page